重要なお知らせエリアを非表示

RIDGE MOUNTAIN GEAR

min.bell

¥8,900

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「ridge-mg.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「ridge-mg.com」so that you can receive our e-mail

・現在BASEアプリからですと製品詳細が表示されません。Webブラウザページからの閲覧をよろしくお願いします。
https://www.ridge-mountaingear.com/

・日本国外からのご注文は「予約商品」以外のすべての商品が対象です。
・日本国外ご注文の決済方法は「PayPal」を使用してください。
・日本国外へ発送はEMSを使用して行います。

・For orders from outside Japan, all products other than "pre-ordered products" are eligible.
・Please use PayPal as the payment method for orders outside of Japan.
-Shipping outside Japan will be done using EMS.

89Ridge Member Point獲得

メンバーシップに登録し、購入をすると獲得できます。

*Tax included.

*Shipping fee is not included.More information

Shipping method / fee

The shipping fee for this item varies by the shipping method. Customers can choose the shipping method at time of purchase.
Japan domestic shipping fees for purchases over ¥18,000 will be free.

  • 佐川急便

    Shipping fees vary by region.

    • Hokkaido

      ¥990

    • Tohoku
      Aomori

      ¥880

      Iwate

      ¥880

      Miyagi

      ¥870

      Akita

      ¥880

      Yamagata

      ¥870

      Fukushima

      ¥870

    • Kanto
      Ibaraki, Tochigi, Gumma, Saitama,
      Chiba, Tokyo, Kanagawa, Yamanashi

      ¥660

    • Shinetsu
      Niigata, Nagano

      ¥660

    • Hokuriku
      Toyama, Ishikawa, Fukui

      ¥780

    • Tokai
      Gifu, Shizuoka, Aichi, Mie

      ¥710

    • Kinki
      Shiga, Kyoto, Osaka, Hyogo,
      Nara, Wakayama

      ¥780

    • Chugoku
      Tottori, Shimane, Okayama, Hiroshima, Yamaguchi

      ¥890

    • Shikoku
      Tokushima, Kagawa, Ehime, Kochi

      ¥900

    • Kyushu
      Fukuoka, Saga, Nagasaki, Kumamoto,
      Oita, Miyazaki, Kagoshima

      ¥990

    • Okinawa

      ¥990

  • ゆうパケット

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥360

The shipping fees and delivery method/s for this product are as follows.

  • EMS

    This shipping supports package tracking and compensation for damages.

    Shipping fees vary by region.

    • Asia
      Uniform rate for area

      ¥1,900

    • Oceania
      Uniform rate for area

      ¥3,900

    • North / Central America
      Uniform rate for area

      ¥4,740

    • Europe
      Uniform rate for area

      ¥3,900

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥18,000 will be free.

*This item can be shipped outside of Japan.

2024年5月14日(火)20:00〜販売開始を予定しています。

※この製品は全国のお取り扱い店舗様での販売予定はございません。

Spec

素材 : 本体部分 真鍮
サイズ : 高さ25mm×横20mm(本体のみ)
重量 : 約19.4g
生産国 : 日本
生産者 : 富山県高岡市 株式会社能作

Introduction

山中でなるべく熊に出会わないようにする為には人工的な音を出し、熊に人間がいる事を気づかせてあげる事が大事だと思います。

自分自身ハイキング時に熊鈴を持っていくのは少し邪魔だし面倒だなあ...と思い、持っていかない事が多いのですが、そんなハイキング時に少し怖いなと思うシチュエーション時にはトレッキンポールを「カツンカツン」と叩き合わせながら歩いたり大きな声で「ワッ‼︎ワッ‼︎」と大きな声を出しながら歩いたりした思い出が幾度とありました。

ハイキング時に熊除けの鈴を持って行くか否か、悩んだ事があるのではないかと思います。そんな時にmin.belはとりあえず持っていけるサイズと軽さの熊除けの鈴なのではないでしょうか?

小さいだけではなく澄んだ鈴音が心良いのも特徴です。
歩いているときに身近でずっとなっている鈴音ならば良い音であるに越したことはありません。
消音板などは付いていませんが必要がないシチュエーションではポケットに仕舞って下さい。

Material

【真鍮】

真鍮は銅と亜鉛の合金です。その歴史は紀元前1,000年頃からと古く、ローマ帝国では通貨の材料に用いられ、奈良時代の日本では中国伝来の真鍮製品が正倉院に納められました。現在、もっとも身近な真鍮品には5円硬貨があり、インテリアや建築金物の他、澄んだ音色から仏具や楽器としても親しまれています。能作では、すべての真鍮製品を職人の手仕事でつくっており、仕上げによってさまざまな表情を持たせています。

Design

「ベルをつくりたい」山道具を作り始めた頃からいつかは作りたいと思っていました。
今回思い切って富山県高岡市の株式会社能作さんにダメ元でお声がけしてみたのがはじまりです。

僕が書いた幾つかのデザイン画をもとにとても丁寧に対応していただけました。後に説明させていただきますがこの「min.bell」は生型鋳造(ちゅうぞう)という方法で作られます。それ故、その製造法では出来ないデザインがあるという事も知りました。結果的にとてもミニマルなベルが出来上がりました。
少しだけ裾広がりの円錐形。それぞれのエッジは削ってあります。とても細い作業ですがこだわったポイントです。

50回ほどメールのやりとりを経て、まずは3Dプリンタで試作品が完成しました。

3Dプリンタで作られた実寸のサンプル。とても良い感じでした。この時点で音色は確認できなかったのですが「絶対にいい音色になります。安心してください」と仰っていただいたので直ぐに型作成を進行しました。

そしてやっと完成した『min.bell』
今回能作さんでこのサイズのベルをお願いしましたが「今まで生産した中で一番小さなベルだった」との事です。小さいですがとてもいい音色を奏でます。

紐部分に関しては太さ2mmのダイニーマ・リフレクティブ・ガイラインを使用しています。
ダイニーマ・リフレクティブ・ガイラインは芯材にダイニーマ繊維、外皮に反射素材を撚り混んだナイロン素材を使用したロープです。

Color

「Natural」、「White Silver」、「Black Nickel」の3カラーです。

Natural

White Silver

Black Nickel

※「Natural」は真鍮そのままのカラーです。真鍮は使用過程において黒ずみが発生してきます。それが真鍮の特徴ではありますが、気になる場合は専用クロスなどで定期的に磨いてください。

「White Silver」、「Black Nickel」は「Natural」の上からメッキ塗装を施しています。使用過程においてメッキが剥がれてくる場合がございますので予めご了承くださいませ。

「鳴り子」と呼ばれている所謂振り子部分は3カラーともに真鍮そのままのカラー「Natural」です。

Tone

『min.bell』の音色です。是非動画を再生して聴いてください。

※音色の高さ、響き方には若干の個体差がございます。あらかじめご了承くださいませ。

Size Guide

Bic Miniライターとの比較です。

Package

『min.bell』専用の小箱に入れてお届けします。

Back Packへの取り付け方

Back Packへの取り付け方をご紹介します。
ここではRIDGE MOUNTAIN GEAR 『One Mile MP』への取り付け方法を例としてご紹介いたします。

上画像赤丸のような穴に『min.bell』の紐部分を通します。

通した紐の間にベル本体を通します。

しっかりと引っ張り固定します。

鋳物の町富山県高岡市

富山県の北西部に位置する高岡市は、人口約17万を擁する県第2の都市。慶長14年(1609年)、加賀藩2代藩主・前田利長が高岡城を築き、その城下町として開いたのがはじまりです。開町から2年後の慶長16年(1611年)、利長は産業を振興させるべく、近郷から7人の鋳物師(いもじ)を招き、金屋町に鋳物工場を設けました。当初は、鍋・釜などの日用品や鋤・鍬などの農具をつくっていましたが、時代のニーズに合わせて多様な製品をつくるようになり、いつしか高岡は鋳物のまちとして知られるようになります。

400余年が経ったいまも、高岡は鋳物生産において国内トップシェアを誇り、仏具や茶道具といった小型のものから、銅像や梵鐘といった大型のものまで、幅広い製品をつくりつづけています。近年では、先人たちが培った技術と現代の感性が融合した、デザイン性の高い工芸品を次々と発表し、国内外から大きな注目を集めるようになりました。まさに高岡は伝統と革新が共存するものづくり都市といえ、そのような環境に能作は育まれてきたのです。

min.bell生産工程

『min.bell』は生型鋳造(ちゅうぞう)という方法で作られています。

少量の水分と粘土を混ぜた鋳物砂を原型の周りに押し固めて鋳型をつくる鋳造法です。鋳型を焼成・薬品処理しないため、砂の再利用が容易で、環境にやさしい製造法です。

鋳造には、生型鋳造、金属型鋳造、ダイカスト、ロストワックス鋳造などの異なる方法や技術があります。

1.まずは上半分の鋳型を製作します。製品と同じ形状の原型をつくり、金枠を載せて砂が逃げないようにします。

2.原型の周りに砂を敷き詰め、押し固めていきます。

3.ひっくり返してエアガンで余計な砂を払います。これで半分が完成です。

4.下半分の金枠を載せて原型の周りに砂を敷き詰め、押し固めていきます。

5.ゆっくりと丁寧に上半分を取り外します。

6.原型が現れました。

7.ゆっくりと丁寧に慎重に原型を取り外します。ここで砂が崩れてしまうと鋳型として使用できないのでやり直しとなってしまいます。

上半分と下半分の金型を再度合わせ、これで8個が生産できる鋳型が完成します。
例えば80個の『min.bell』を作るにはこの鋳型が10個必要になります。

8.溶かした金属を鋳型に流し込みます。
溶けた金属は1200℃程あります。

9.金属がある程度冷めたところで鋳型を崩します。崩した生型の砂は綺麗に精製して再利用されます。

10.砂を払い固まった真鍮が現れました。プラモデルのパーツのようです。
これを一つ一つ切り分け削り作業に移ります。

11.NC旋盤を使用して削っていきます。

12.NC旋盤では出来ない細かい削り作業は一つ一つ人の手で行います。

これである程度完成しました。この後に組み立てや「White Silver」と「Black Nickel」に関してはメッキ塗装を施します。

このように生型鋳造による製品にはたくさんの、職人の高度な技術が必要な工程を経て生まれています。

Collaborator

Collaborateurではその製品を生産してくださる方たちを紹介しています。

【チャレンジ精神をもって伝統産業に轍をつける】

江戸時代より400余年の歴史を刻んできた高岡。この伝統ある鋳物のまちに、仏具を製造する工場として、能作は創業しました。以来、生産体制の転換や業容・業域の拡大を行いながら、お客様の声にこたえるものづくりを追求しつづけて100余年。既成概念にとらわれず積極果敢にチャレンジする姿勢で、脈々と継承してきた技術に、時代を反映した感性を融合させ、鋳物という産業に新たな轍を描きつづけています。

【能作のあゆみ】

1916~2000年 伝統とは革新の連続

能作が鋳物の製造をはじめたのは大正5年(1916年)。創業当時は主に仏具、茶道具、花器を製造していました。
転機が訪れたのは昭和40年(1965年)頃。豊かさを増す日本人の生活に着目し、モダンなデザインの花器を開発したところ、それがヒットし、業務は拡大の一途をたどります。しかし、ライフスタイルの変化、さらには、景気の低迷や生産拠点の海外移転増加による低価格化など、時代の波にはあらがえず伝統的な花器や茶道具・仏具の需要は徐々に減少。能作は苦境に立たされます。

2001~2017年 使用者の目線と型破りな発想で錫製品を開発

昭和59年(1984年)、現・代表取締役社長である能作克治が入社。18年間、一職人として鋳造に明け暮れた克治は、やがてこの磨きあげた技術を活用して自社製品を開発したいと考えるようになります。

道が拓けたのは平成13年(2001年)の東京原宿で開催された展示会「鈴・林・燐」。素地の美しさを生かした真鍮製のベルが注目を集め、セレクトショップでの取り扱いがはじまりました。この形では売れなかったベルに当時の販売員のアドバイスから、短冊をつけて風鈴にしたとたん、毎月1,000個以上が売れる大ヒットに。以降、克治は、お客様の声にこたえる製品を開発することを決意します。現在、主力となっている錫100%の製品も、「食器をお求めの方がたくさんいらっしゃる」という販売員の話をきっかけに生まれました。

通常は硬度を持たせるため他金属を加え行う錫の加工。しかし、能作は「だれもしたことのないことをしたい」と錫100%の加工に挑戦します。その加工は難題でしたが、あるときひとつのアイディアが飛びだします。「曲がるのなら曲げて使える食器をつくろう」。この逆転の発想こそが、曲がる「KAGO」シリーズ」をはじめ、能作を代表する数々の錫製品を生み出したのです。

2017年~ ものづくりのこころを伝える産業観光を推進

職人から職人へと受け継がれてきた、技術と知識、伝統と精神。これらをよりどころに、能作は、照明機器、建築金物、医療部品など、分野を越えたものづくりに挑戦しています。

また、"もの"をつくるだけでなく、"こと"と"こころ"を伝えるために産業観光を推進。

平成29年(2017年)、その拠点となる新社屋が完成。工場見学や鋳物製作体験、地元食材を盛り込んだメニューを錫器で楽しめるカフェ、独自に編集した観光情報コーナーを備えています。

かつて、能作の工場見学に参加した子どもたちが、いまや、能作のこれからを背負う若手職人に。克治が入社した当時7名だった職人はいまや数十名となり、培ってきた伝統を時代に照らし合わせ次代に受け継ぐべく、素材・技術研究や製品開発に取り組み、地域に、日本に、世界に誇れるものづくりを志向しつづけています

株式会社能作
〒939-1119
富山県高岡市オフィスパーク8−1
https://www.nousaku.co.jp/

Regarding Delivery

こちらの製品は「ゆうパケット」にて発送させていただきます。
日時指定はお受けできませんので予めご了承くださいませ。

予約販売を除き、ご注文、決済完了から2〜3日以内に発送いたします。(※土日祝は発送を行なっておりません)
発送完了から2〜3日以内にご自宅のポストに投函されます。

We also ship overseas.
If you wish, please contact us by e-mail to the following address.
info@ridge-mg.com

Returns & Exchanges

製品の返品と交換については下記リンクをご確認ください。
https://www.ridge-mountaingear.com/blog/2018/10/25/063602

Related Items関連商品
  • Sunshade
    ¥4,700
  • AFTERNOON COFFEE STOVE SET
    ¥8,800
  • 肥後守 Micro Knife
    ¥2,850

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。